ほたる日和

live

(L→R)
成相悠一(Dr)
早川厚史(Vo/Gt)
吉田弘美(Ba)
倉橋潤(Gt)



2006年12月に東京にて結成。
Vo.早川の澄んだ歌声と、キャッチーでいて哀愁も感じる抜群のメロディーが特徴的。
都内を中心とした精力的なライブ活動で結成当初から注目される。

インディーズデビュー作『カラフル』に収録の「セピアフィッシュ」がテレビ東京系列の深夜番組「給与明細」のエンディングテーマに起用。
続く08年8月発売のミニアルバム『ノスタルジック』の収録曲「リンゴアメ」は各媒体より"和ロックの完成形"と称され、NHK-FM「ミュージック・スクエア」の8/9月度エンディングテーマに起用、幅広いリスナーに認知されていく。

また09年11月に発売されたシングル「季節はずっと」が、SUZUKIパレットのTV CMに起用され、話題となり「めざましテレビ」でも取り上げられる。
「季節はずっと」はオリコンインディーズチャート最高2位、着うたは一気に5万ダウンロード(2009年12月時点)を越え、レコチョクTV/CM/映画ランキングチャートで最高1位、総合チャートでも18位を記録した。

2010年2月に1st Album『elementary』をリリース。アルバムならではの幅広い収録内容で、"POPの金字塔"とも言うべき作品を完成させる。そして渋谷BOXXで行った東京初となるワンマンライブも大盛況で終える。

更にバンドの勢いは加速し、4月には「Rainbow line」が山形県さくらんぼテレビの2010年度イメージソングとして起用。
6月には「みらい小説」が日本テレビ系全国ネット「ズームイン!!SUPER」/「ズームインサタデー」の夏のテーマ曲に決定。
そして8月11日に6songs Album「みらい小説e.p.」をFar Eastern Tribe Records/ユニバーサルミュージックより発売。「流星のとき」が、北海道都市間高速バス"RAKU TOKU BUS13"のCMソングに起用、さらにSUZUKIパレットのCMも春と夏にそれぞれのバージョンで引き続きOAされるなど、異例の快挙を成す。
11月には北海道音更町文化センター大ホールにて、ほたる日和LIVE!! in十勝「みらい小説e.p.」RELEASE TOUR追加公演ワンマンライブを行い大盛況の内にツアーを終える。
2011年1月には2nd EP「東京組曲e.p.」をリリース。
「東京組曲」は、ほたる日和が持っている幅広い世代への楽曲訴求力が評価されTBS系全国ネット「世界ふしぎ発見!」のエンディングテーマに決定。
また1月度のoricon power nextにも決定。同時に新人としても高い評価を受けた。メジャーからのリリースを達成した2010年度は、ライブ活動にもより重点を置き、年間60本以上のステージを行った。

そして、2011年にはファーストシングルとなる「さよならマーガレット」を5月4日にリリース。
9月発売のセカンドシングル「雪虫〜ふたりの約束〜」はTBS系テレビ全国ネット「CDTV」9月度エンディングテーマとしてオンエアされるなど音楽シーンで注目を浴びる。
2011年11月2日にはメジャー・ファーストアルバム「センチメンタルマインド」をリリース。
11月13日の山形公演を皮切りに全国五カ所でワンマンツアーが開催。

▲ページTOPへ
Copyright (C) 2007 hotarubiyori. All Rights Reserved.